facebookでシェアする
ログイン

日本茶の最高峰《玉露》の魅力と京田辺を知ってもらおう!

・京田辺在住の名人に取材 ・ショートムービーの作成 ・玉露のロゴマークの作成

  現在 61

 
活動期間2017/04/01〜2018/03/31
活動人数4
チーム名キョウタナネ
業種  その他サービス業
事業目的<キョウタナネ>という名は、私たちが京田辺市を知ってもらうようなきっかけとなる<タネ>をまくことで皆さんが京田辺に興味を持ち、花を咲かせてもらおうという願いを込めており、それが私たちの理念となっています。活動は特に「玉露」をピックアップして京田辺市をPRします。
事業紹介京田辺は日本茶の最高峰である<玉露>の産地で有名です。しかしその知名度は決して高くありません。私たちはそんな玉露の魅力を知ってもらうことを目標としています。日本茶全体の消費量が低迷の中、その頂点に立つ玉露がどんな人々の手でどんな思いからつくられているのか。私たちならではの視点で向かい合います!
対象顧客京田辺市に住む人々・京都に住む人々
優れた点女子大生ならではの視点から玉露を幅広い世代へPRすることができます。また、今までになかったロゴマークを作ることによって 今以上に玉露の知名度を上げられると考えています。
広報戦略Twitter、インスタ、Face book等のSNSでの広報
提供(販売)方法みなさんが目につくようなところに映像を流したり、みなさんが手に取るようなものにロゴマークをほどこす
未登録です
未登録です
未登録です

こんにちは!
お久しぶりです。

私たちは今まで京田辺市で働くことに焦点を当てて活動してきましたが、京田辺市でつくられる【玉露】に注目してプロジェクトを進めることになりました!心機一転です。

そして、本日は京田辺市役所に訪問させていただき、経済環境部農政課の渡邊様にたくさんのお話を聞かせていただきました。

「玉露は日本茶の頂点にあり、私たちは命をかけている。収穫の時期になると夜も眠れない」という言葉を聞き、この玉露の魅力を伝える機会をいただけたことをとても誇りに思いました。

玉露も実際に渡邊様に入れていただき、社員の中には初めて玉露を飲んだ人もいました。
トマトやスイカに似たアミノ酸の旨味をダイレクトに感じ、お昼ご飯はもういらないとの声も。その通りで、玉露には大工や庭師が飲むエナジードリンクのような飲み物だった背景があるそうです。

これからはこのような玉露の魅力を私たちならではの視点でたくさん伝えられるよう活動していきます!
紆余曲折してきましたが、その周り道も糧に、社員一同さらに心を引き締めて頑張っていきます!!!どうぞよろしくお願い致します!



投稿日:2017-10-04 21:01:20

先日 京田辺の子供たちのお祭り、キララフェスティバルに出店に出店させていただきました!
輪投げとすくいどりを行いましたが、とても大盛況で幕をとじました!!楽しんでくれた皆様、ありがとうございました!

これからも私たちの活動をよろしくお願い致します。



投稿日:2017-07-27 16:08:27

こんにちは。
今日の活動では 今週に控えます「キララフェスティバル」というイベントの最終確認をしておりました。
キララフェスティバルは主に子供たちが参加する京田辺市の大きなお祭りイベントです。
私たちは輪投げとお菓子などのすくいどりのお店を出店します!子供たちが楽しんでくれると嬉しいです。

本業のプロジェクトの方も着々に進めております。これからも一生懸命活動に取り組んでいきます!


投稿日:2017-07-12 19:26:41

こんにちは。
先日のミーティングには京田辺市の産業振興課の山本様に来ていただきました。
今現在 京田辺市がどんなプロジェクトを行っておられるかを主に話していただき、私たちに何ができるのか考えました。
アドバイスもたくさんいただき、模索中ではありますが少しずつやりたいプロジェクトに近づいているように思います。

次は個々で具体的なプロジェクトについて詰めていきたいと思います。



投稿日:2017-06-16 22:35:31

皆さま初めまして、KTBワーク(仮)と申します。
弊社は「そうだ、京田辺で働こう」というキャッチフレーズを掲げ、京田辺市で働くことのきっかけ作りを行うプロジェクトなどを企画する企業です。

(仮)にあるように、まだまだ試行錯誤中です。現在は企画書を作るために、活動内容を一から見返しています。「働いてみたい!」...。人の心を動かすためにはどうしたらいいのか、一つ一つの課題にじっくり向き合っていきたいと思います。
社員一同、さらに団結してよりよい活動ができるよう頑張って参ります。
よろしくお願い致します。



投稿日:2017-06-08 19:39:21

所属団体

同志社女子大学 (複数学年)
ホームページ