facebookでシェアする
ログイン

Next Step【ちょっと違う世界を、ちょっと違う方法で】

就職に良いイメージを持っていない学生に、より良いイメージを持ってもらうため、就職だけにコミットするわけではなく、楽しめる企画、インターンを企画していきます。 世の中には大手企業だけでなく、さまざまな新しいことにチャレンジしている企業もたくさんあります。本プロジェクトはそれらの企業と協力し、楽しみながらまず働くことをプラスに感じてもらう企画を考えていきます。

  現在 190

 
活動期間2021/04/01〜2022/03/31
活動人数8
チーム名Next Step
業種  その他サービス業
事業目的 就職に今マイナスなイメージを持っている学生に、就職に対して良いイメージを持ってもらう、自分のやりたいことを見つけるための幅を広げるための知見を得てもらうことを目標にします。
事業紹介Next Stepは学生と企業を繋ぐ、新しいコミュニティを作るために活動しています。インターンや企業説明会、各種イベントの企画や運営を通じ、みんなの視点を変え、世界を広げることを行っています。
対象顧客 大学生を大きな対象とします。この中でも特に就職にあまり良いイメージを持っていない学生を対象とします。 また、学生に自分たちのやっていることをアピールしたい、面白く広めたいという企業様はスポンサーとして、顧客になり得ます。
優れた点この事業の優れた点は、今までにないアプローチで大学生と企業を繋げることを目的とする点にあります。 既存の就職サイト、イベントは実際の就職にコミットしたものが多くなっています。我々はこの前段階、あまり働くことに積極的な思いを持っていない人に就職に良いイメージを持って、働くことに積極になってもらうことで、いざ就職のとき多くの企業を自分で調べたり、足を運んだりする人材を育てることができます。 若い働く人たちの意識が変われば、新卒の離職率の問題、日本は大きく変わると思います。
広報戦略まず協力してくれる企業と企画を考えていき、その企画から周知していくことを今実行しています。 しかしながらこれだけではニーズに応えられているかわかりません。そこで大学の生徒にアンケート等を取ることで、よりニーズに沿った企画を考えていきます。
提供(販売)方法企画から提供します。 企業と学生を繋ぐ、新しく、楽しめる場として広報活動を行い参加してくれる方を集めます。 またそのような学生がいる場として企業にアプローチを行い、スポンサーを探して裾野を広げていきます。
未登録です
未登録です

第二回イベントとして、「知る喜び」「参加しやすさ」「遊び要素」を軸とすると前回の投稿にまとめさせていただきました。
具体的には、インターンと遊びを融合した取り組みを考えています。既存の就職イベントでは「就職すること」に焦点が当てられているため、遊び要素を加えるとしても限界があります。しかし、Next Stepでは「知る」ことに焦点を向けているため、遊び要素と企業を知るという二つを組み合わせたイベントを企画していこうと考えています。
具体的には旅行とインターンを組み合わせた、いわばリゾートインターンの準備が進められています。非日常を感じられるようなイベントをほかにも企画していき、「人集め」を達成していきます。


投稿日:2021-10-21 17:02:57

Next Stepの活動でこれからもずっと課題として残り続けるであろう課題は「人集め」です。就職、企業のことを、就活に積極的ではない人に届けるということを目標として考えているため常にこれは課題として取り組んでいく必要があるものだと考えています。
第二回のイベントでは「知る喜び」「参加のしやすさ」「遊び要素」この三つを軸として展開していくということが会議にてまとまりました。


投稿日:2021-10-21 16:52:16

広報に関してSNS以外の方法も提案されました。
本プロジェクトが大学の授業の一環でもあるということを活かし、学内の学生に向けて就活を終えた4年生の先輩に就活の悩みなどを相談することのできるイベントを定期的に実行していくことになりました。
大学内で就活の悩みを気軽に相談できる場、コミュニティをあらかじめ用意しておくことで広報活動をより効率的に行えるというアイデアに基づいたものです。
大学が企画する説明会は大人数が参加するもので、気軽に質問したり、悩みを言えるような場所ではありませんが、Next Stepではより気軽な場所として提供していきます。


投稿日:2021-10-21 16:40:08

第一回オンラインイベント開催後、すぐに反省会を行うことで次に自分たちはこれから何ができるのか?何を改善していくべきなのかをチームで共有することができました。
まず、広報に力をもっと入れるべき、という意見は全員から寄せられました。今回のイベントでは広報に一週間ほどしか割くことができず、周知が十分とは言えませんでした。
次回以降のイベントで、より素早く広報を開始できるようにSNSを開設することが必要ということは一致しました。
そこでも重視しているのは「知る」ということをずらさないということです。
就職や就活に積極的ではない人でも、より興味を持ってもらえるように社会人の方へのQ&Aを文字ではなく、画像で投稿するなど、「知る」というコンセプトは一貫するようにしながら、どう楽しんで知ってもらうのか?工夫した運営を行っていきます。


投稿日:2021-10-21 16:20:48

Next Stepとして掲げている「知る」ということを提供するという目的のために、普段聞かないような大人に話を聞こう!というイベントをオンラインで開催しました。
ゲストとして岡崎市市議会議員、NPO法人コラボキャンパス三河の理事を兼任する、三塩菜摘さんにお越しいただき公開インタビューという形でお話を聞きました。
イベントの設計で意識したのは「知る」という目的を外さないということです。zoomを使ったオンラインでの開催でしたが、参加者の方に事前に質問を募集したり、当日もコメントにてリアルタイムで質問を募集しました。
参加者は全部で9名が集まり、多くの質問が寄せられました。
イベント後の感想アンケートでは、知らない世界を知ることで、改めて考えるきっかけになったなどの感想をいただきました。


投稿日:2021-10-21 16:01:22

関連資料

広報サイト

所属団体

愛知学院大学経営学部 (複数学年)
ホームページ