facebookでシェアする
ログイン

生乳を使用した新しい商品を開発して、新しい需要を生み出す!

私たちは、「SDGsの考えを基に、群馬の生乳の食品ロスを減らす」というコンセプトの基、牛乳を使用した保存食を開発しています。頻発する災害や外出が困難になる新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、長期保存が可能で非常食にもなる保存食の重要性は高まっています。災害後の避難所生活の中で、体を動かす機会も無くなり、様々な精神的ストレスから食欲の低下が起こります。さらに、食欲の低下により、栄養不足になり心身の衰えに繋がります。このような事態に陥らないためにも、栄養面でケアをしていくことが重要になってきます。対策として、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維の不足しがちな栄養を摂取することがあげられます。生乳には、災害時に最低限意識しなければならないと言われているタンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素がバランスよく含まれています。また、総合栄養野菜と呼ばれる、ほうれん草やビタミンEが豊富なかぼちゃなどの栄養素が高い野菜を多く使用することで、災害時でも必要な栄養を摂取することが可能です。弊社は、栄養面を配慮した保存食を開発し、群馬の生乳の食品ロス問題を解決していきます。

  現在 486

 
活動期間2022/05/01〜2023/03/31
活動人数6
チーム名和結
業種  卸売・小売業
事業目的弊社はSDGsの考えのもと、持続可能な社会発展のため、「食品ロスの改善」の一環として、生乳の廃棄を削減すべく、既存の市場に頼らない新たな需要を作り出していくために、生乳を使用した新しい商品を開発します。
事業紹介弊社はSDGsの「食品ロスの改善」目標に貢献すべく、需要減少により供給過多となってしまっている生乳を使用した商品を開発し、持続可能な発展をめざします。
対象顧客 災害時は生活環境の破壊、先が見えないことへの不安や健康不安などの心身ともにストレスにさらされます。避難所で支給される食事は、高齢者には適さないものがあり、食事摂取が不十分となってしまう場合があります。さらに、災害によるストレスから食欲の低下が起こり、被災後の高齢者は容易に栄養不良に陥ってしまいます。弊社は、高齢者が摂取しやすく、栄養を十分に摂ることが可能な商品を提供します。さらに、そのような状況下でも、食べる楽しみを忘れず、少しでも心を落ち着かせる食事を届けたいと考えています。
優れた点栄養面を考えた高齢者でも食べやすい保存食であるということです。保存食は水分量が少なく、高齢者が飲み込みにくい物が多いです。そこで私たちは水分量の多い雑炊にすることで、高齢者でも飲み込みやすい食品にしました。また、保存食は炭水化物中心の食事になりがちで、栄養バランスが偏り、たんぱく質や、ビタミン・ミネラルが不足しやすい傾向にあります。弊社は生乳や多くの野菜を使用し、栄養面に配慮した商品を開発することにより、このような問題を解決しています。
広報戦略弊社は主に2つの広報活動を行います。 1つ目は、スーパーマーケットのひと区画を借りての販売です。販売を行い、実際に手に取っていただくことで、商品の良さを知っていただき、口コミを広げていきたいと考えています。さらに、老人ホームや会合・サークルなど、高齢者が多く集まる場でも試食を兼ねた実演販売を行い、商品の魅力を伝えていきます。 2つ目は、SNSによる情報の発信です。SNSは情報を手軽に閲覧・発信できるツールとして、若者を中心として多くの人が利用しています。子供や孫世代である若者が、SNSから弊社の情報を得て、商品に興味を持っていただき、家庭内での情報共有を通して、高齢者に商品を知っていただくきっかけを作りたいと考えています。
提供(販売)方法販売場所は、顧客対象が高齢者であるため、高齢者が訪れる機会の多いスーパーマーケットを予定しております。さらにスーパーマーケットだけなく、高齢者が多い老人ホームでの販売も予定しています。具体的な店舗や施設は検討中です。また、実演販売をすることにより商品の魅力をお客様に直接お伝えし、興味を持っていただきたいと考えております。

売上目標金額

406,600円

達成金額

0円

達成度

0%

事業収支計画

経費

商品仕入 380,000円
トレードフェア商品仕入 26,600円
販売活動費 5,000円
合計411,600円

収入

売上(4か月) 380,000円
トレードフェア売上 26,600円
販売活動費給付 5,000円
合計411,600円
差額 0円

事業収支報告

経費

合計0円

収入

合計0円
差額 0円
未登録です

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は、様々な方々に支えられて活動を行ってきました。たくさんの経験を積むことができ、とても充実した1年でした。
2023年も商品販売に向けてより一層頑張っていきます。

応援よろしくお願いします!


投稿日:2023-01-02 23:32:59

11月27日に行われたユースエンタープライズトレードフェアの活動を報告させていただきます。

私たちは「異能工房賞」を受賞することができました!応援ありがとうございました。今まで行ってきた活動を評価して頂き、社員一同とても嬉しく思います。

トレードフェアでは実際にみるく雑炊を販売しました。多くの方に手に取って頂くことができて、とても嬉しかったです。私たちの商品を初めて、お客様の元へお届けすることができました。そして、多くの方に私たちの活動について知って頂くことができました。少しでも興味を持って頂けていたら嬉しいです。

賞を受賞したことに満足せず、今後も全力で活動を行っていきます。引き続き応援よろしくお願いいします!!



投稿日:2022-12-15 22:39:31

11月19日に、2回目のブース模擬練習がありました。今回のブース練習でもたくさんの方にアドバイスをいただきました。今回の練習では前回より良い評価を得ることができました。しかし、改善しなければならないところもあったため、本番に向けて改善していきます。



投稿日:2022-11-26 01:07:59

トレードフェアのプレゼンテーションのための、パワーポイントの作成を行いました。また、群馬県庁の方とお話しする機会があり、私たちの活動に興味を持っていただきました。そのため、私たちの活動内容と商品を県庁の方にお伝えするための資料を作成しました。


投稿日:2022-11-17 17:20:04

授業内でブース模擬練習をしました。実際に接客を行い、たくさんの改善点が見えてきました。そして、授業終了後に改善点について話し合いました。パネルに設置する模造紙のレイアウト変更をすることになりました。活動内容や商品情報などがわかりやすいブースになるよう改善していきます。Youth Enterprise本番に向けてさらに頑張っていきます。



投稿日:2022-11-16 11:14:47

11月4日のブース模擬練習に向けて、作業をしました。パネルに設置する模造紙、机に設置予定の牛のフィギュアの作成をしました。牛のフィギュアは紙粘土で作成し、絵の具で色を塗りました。社員全員が活動内容について説明できるようにするため、活動内容について再確認をしました。ブース模擬練習でしっかり弊社の商品・活動についてプレゼンできるよう努力していきます。



投稿日:2022-11-15 14:22:04

10月24日は商品の試作の改良についてオルビス様とZoom会議を行いました。そこでは味、量、中の具材についてお話させていただきました。


投稿日:2022-11-14 23:57:32

本日はオルビス様とのZoom会議と第2回の試食を行いました。Zoomでの会議では2回目の試作品に入っている具材についてお聞きしました。また、私たちが考えたパッケージデザインを企業様に提案しました。その結果、パッケージのデザインは私たちが提案したものに決まりました。
会議終了後、オルビス様に2回目の試作品を受け取りに行き、試食を行いました。そして改善点を話し合いました。



投稿日:2022-11-13 21:39:35

本日はパネルに設置する模造紙の構成を相談しました。また、ブースの作成を進めました。


投稿日:2022-11-12 18:30:28

今日は、企業様から頂いたみるく雑炊のサンプルに、調味料を入れ、社員全員で試食をしました。複数の調味料を試した結果、みるく雑炊にはかつおや昆布の出汁が合うことがわかりました。



投稿日:2022-11-10 15:11:26

本日は、ブース作成に必要なものの買い出しに行きました。ホワイトボードに貼る模造紙や、机に敷く布などを購入しました。事前に考えたブースのコンセプトに合うものを社員全員で選びました。これから、本番に向けてブース作成を頑張っていきます。


投稿日:2022-11-09 17:03:50

9月23日に行われた進捗報告にて先生方や先輩からフィードバックを受けることができました。私たちのロゴの背景に使われている「イエロー」が太陽というより卵っぽいという意見があり、太陽を連想させると共に牛らしさを表現するために背景をベルの形にしました。



投稿日:2022-09-29 14:56:12

今日は、企業様へ訪問をさせていただきました。第1回目の商品の試食を行い、どのような具材を入れるかなどを企業様とお話をしました。そして、商品の味、具材の決定を今後行っていきたいと考えています。同時に、商品名とパッケージの発案、決定をしていきます。



投稿日:2022-09-29 14:50:35

今日は私たちが開発中の商品の商品名を考えました。多くの商品名を考えて出し合うことが出来たので、これから試作の改良とともにより良い商品名を作っていきたいと思います。


投稿日:2022-09-29 14:49:14

開発する商品のパッケージ案について話し合い、商品名「レスギュー隊のミルク雑炊」をイメージしたパッケージ案を作成しました。3色食品群の赤、黄、緑を使った戦隊にすることになりました。これから試食・改良を進め、私たちの商品に合った商品名、パッケージにしたいと思います。
また、次回の訪問日程についてご相談するため、株式会社オルビス様へご連絡させていただきました。次回の訪問では、私たちが開発するミルク雑炊の試作ができるとご連絡いただき、訪問日程を決めました。


投稿日:2022-09-29 14:48:40

この日はユースエンタープライズに投稿するための文章作成をしました。自分たちが今まで行ってきた活動を1から振り返り、文章化するという作業を行いました。


投稿日:2022-09-29 14:47:42

この日は株式会社オルビス様に提携のため、ご訪問させていただきました。提携の際に私たちのバーチャルカンパニーの詳細、Youth Enterpriseの概要について説明させていただきました。今後の活動の予定についても話し合うことができました。


投稿日:2022-09-21 10:56:42

商品についてお話をするため、営業部長である清水様とお電話させていただきました。その中で、牛乳使用量やパッケージ案について、販売場所や値段のご相談をさせていただきました。これからオルビス様で試作を製造していただき、牛乳使用量や値段の決定をしていきます。


投稿日:2022-09-21 10:56:10

開発する商品の概要が決定し、次に商品名についての話し合いを行いました。開発商品の魅力を最大限に伝えることができ、尚且つ私たちらしい商品名を出し合いました。その中から、候補として挙がったのは、「レスギュー隊のミルク雑炊」や「栄養満点ミルク雑炊」、「野菜たっぷりミルク雑炊」です。最終的に、商品の試作を行い、商品パッケージ案とも兼ねて、商品名を決定していきます。


投稿日:2022-09-21 10:55:30

提案された候補の中から会社名の決定を行い、私たちはこれから「和結(なごみ)」という会社名で活動していくことになりました。「和」には"穏やか"、”のどやか"という意味があり、弊社の商品が心落ちつかせるきっかけとなってほしいという願いを込めました。「結」には"結果がでる"という意味があります。私たちの目的を達成し、努力が実を結ぶことを願う気持ちを込めました。また、会社ロゴも決定しました。会社ロゴには、商品開発の素材である「乳牛」を取り入れ、背景には太陽の色である「イエロー」を使うことで、明るい太陽のように人々に楽しい感情を与える会社にしたいという意味を込めました。



投稿日:2022-09-21 10:54:51

開発する商品についての会議を会社のメンバー全員で行いました。株式会社オルビス様のアドバイスを基に意見を出し合った結果、群馬の生乳を使用した「ミルク雑炊」を開発することに決定しました。
商品の具体的な内容については、栄養素や彩りを考慮した野菜を15種類使用すること、健康面を考え、米は十六穀米を使用することになりました。これから株式会社オルビス様との話し合いを重ねていき、より良い商品を開発出来るよう努力していきたいと思います。


投稿日:2022-09-21 10:54:01

商品開発に使用する牛乳の提供をお願いするため、訪問させて頂きました。
牛乳の提供について前向きな反応をいただけました。しかし、商品開発に必要な牛乳の量がはっきりしていなかったため、使用量が明確になり次第、ご連絡させていただき、その時に再び牛乳の提供について検討してくださることになりました。


投稿日:2022-09-21 10:53:17

私たちが企画した商品案についてオルビス様にご相談させて頂きました。商品案のアイデアは、学生らしく斬新なものと評価して頂くことができましたが、商品化が難しいものであるという結論に至りました。
そこで新しい商品案について考えたところ、牛乳を多く使用した非常食という方向性で考え直すことになりました。
最後に企業提携についてご相談したところ、私たちの商品開発に賛同してくださり、全面的に協力してくださるとおっしゃってくださいました。
会議終了後、工場見学をさせて頂きました。工場見学では、オルビス様の徹底した衛生管理がされていることを改めて感じることができました。
これから、オルビス様に協力して頂き、良い商品を開発できるよう頑張っていきたいと思います!!



投稿日:2022-09-21 10:52:16

私たちは今回の会議では、商品案について考えました。1人1人が自分で考えてきた商品案から3つまで絞り、その商品の方向性について話し合いました。また、牛乳の提供先を探し、榛名酪農業協同組合連合会様にアポをとりました。


投稿日:2022-09-21 10:51:04

TKオーガニック株式会社様に企業提携のご相談や、私たちの考えた商品案について意見をいただきたいと思い、企業訪問を行いました。企業様でお話させていただいた結果、「コスト、金銭的に難しい」「アレルギー問題がある」「商品を作るのに時間がかかりすぎる」ということから、提携することは難しいという結果になりました。
そこで私たちは商品案を"物"から"食品"へシフトチェンジすることに決めました。



投稿日:2022-09-21 10:50:29

実際に生乳廃棄について生産者側の意見を聞くために、荒砥デイリーファーム様に訪問し、取材をさせていただきました。
年間500万ミリリットルもの生乳が廃棄されていることに対し、どのような意見・思いを持っているのかお伺いしたところ、生乳を生産するためには多くの苦労、負担があり、廃棄されてしまっている事実は酪農家として残念であり、消費者に一滴でも牛乳を無駄にして欲しくないという思いがあるとおっしゃっていました。そのため、私たちの商品開発で牛乳を使ってもらえたらすごく嬉しいと言っていただきました。生乳の廃棄を削減できるよう商品開発に向けて、頑張っていきたいと思います。


投稿日:2022-09-21 10:49:23

群馬県の生乳の生産量は全国で北海道、栃木に次ぐ3位となっていますが、乳牛は搾乳をし続けなくてはいけないため、生乳の需給調節ができず、生乳の廃棄が多くなってしまっています。さらにコロナウイルスの影響もあり、これまであった牛乳・乳製品に対する需要が大きく減ってしまいました。したがって、牛乳・加工品等の出口市場が飽和し、供給過多となり、非常に多くの生乳の廃棄が生み出されてしまっています。そこで弊社は、生乳の廃棄を削減すべく、既存の市場に頼らない新たな需要を作り出していくために、生乳を使用した新しい商品を開発します。


投稿日:2022-09-21 10:44:48

共愛学園前橋国際大学の仮想企業「和結」です。
私たちは前橋国際大学の2年生1人1年生5人で活動しています。
私たちは、SDGsの考えをもとに持続可能な社会発展のため、「食品ロスの改善」の一環として、生乳を使用した商品の開発を目的に活動しています。
これから活動報告を更新していきます。
応援よろしくお願いします!!



投稿日:2022-09-21 10:43:57

広報サイト

所属団体

共愛学園前橋国際大学 (複数学年)
ホームページ