facebookでシェアする
ログイン

小麦アレルギーの人が安心して口にできる群馬の味を

小麦アレルギーは5大アレルギーの中の1つで日本でも多くの方が小麦アレルギーを持っています。海外ではグルテンフリーを好む人が増加しており今後外国人観光客が増加する中でそのような人も多く日本を訪れます。特に群馬県では古くから小麦の栽培が盛んに行われており、群馬県の郷土料理のほとんどに小麦が使われています。そこで弊社は小麦アレルギーを持った方にも群馬県の味を安心して味わっていただきたいと考え小麦を使用しない郷土料理を開発しています。その中でもまずは群馬県が行った県政県民意識アンケートで県外の人に勧めたい郷土料理として8割の方が回答した焼まんじゅうを小麦を使わずに再開発します。群馬県民は焼まんじゅうを他県の方に食べてもらいたいと考えているのにも関わらず現状では学校や職場で配ることの出来るような焼まんじゅうのお土産はほとんどありません。そこで弊社は従来の焼まんじゅうのお土産とは違い味はそのままで焼かずに貰ってすぐに食べられるより手軽な形に変化させます。

  現在 3244

 
活動期間2019/05/01〜2020/03/31
活動人数5
チーム名安口堂
業種  卸売・小売業
事業目的小麦は多くの食品に使われており小麦アレルギーの方は多くの制限を受けながら生活しています。特に本州最大の小麦の産地である群馬県では古くから粉もの文化が根付いておりほとんどの郷土料理に小麦が使われています。さらに今後増加する外国人旅行者の中にはグルテンフリーを好む人が多くいます。そこで弊社は小麦を使わない群馬県の郷土料理を開発しそのような方に群馬の味を安心して味わっていただきたいと考え活動しています。
事業紹介群馬県の郷土料理の多くには小麦が使われており小麦アレルギーを持つ方は食べることが出来ません。そこで弊社は小麦アレルギーを持った方も食べることが出来る新しい形の郷土料理を提供します。
対象顧客弊社の商品は小麦を使用しておりません。小麦アレルギーの方、グルテン不耐症の方をターゲットとしています。さらに今、海外でグルテンフリーを好む方が増加しているためそのような方にも利用していただきたいと考えています。弊社の商品は今までにない焼まんじゅうのお土産となっています。今までの焼まんじゅうの商品は大きく自分で味噌を塗って焼かないと食べることが出来なかったのに対し弊社の商品はサイズも小さく個包装されていて焼かなくても美味しくいただけるため学校や職場などで配ることができお土産としても最適です。県内の方の手土産、県外の方の群馬県のお土産として利用していただきたいと考えています。
優れた点本商品は小麦を一切使用していないため小麦アレルギーの方でも食べることが出来ます。 従来の焼まんじゅうのお土産は焼かなければ食べることが出来ないため学校や職場などで配るには適していませんでした。県外の人に勧めたい郷土料理1位である焼まんじゅうを群馬県のお土産として使いたいという需要があるのにも関わらず焼かないと食べられないため使えないという現状があります。それを弊社は焼かずに電子レンジで温めるだけで食べることができるようにし、個包装にすることで職場や学校で配ることを可能にしました。群馬県の方の手土産にも県外の観光客の方のお土産にも最適な商品となっております。
広報戦略弊社は広報戦略として2つの方法を行います。1つ目はSNSを活用していきます。SNSの中でも拡散力機能に長けたTwitter、Facebook、若い世代の多くが利用しているInstagramで情報発信を行います。各SNSには小麦アレルギーについて発信している方がいます。その発信している方やそのフォロワーの方と積極的にコミュニケーションを取っていきます。すでにお子さんが小麦アレルギーを持っている親御さんからの反響をいただいております。既存の小麦アレルギーコミュニティを活用することによりターゲットである小麦アレルギーを持っている方にも情報発信を行うことが出来ると考えています。2つ目はSNSを利用していない年代の方へ弊社の商品を知っていただくためチラシ配布を行いたいと考えています。小麦アレルギーの方は年代を問わずいるためより多くの世代の方に弊社の商品を周知していただく必要があると考えています。そのためチラシの配布を県内外多くの人が訪れるテーマパークや道の駅、提携企業「虎屋本店様」が出店されている高崎高島屋などで行います。
提供(販売)方法本商品は提携企業の虎屋本店様の本店での販売だけでなく群馬県で最も大きな駅であり、新幹線の停車駅である高崎駅に隣接している百貨店、高崎高島屋店内ある高崎高島屋店内虎屋本店様、群馬県の県庁所在地である前橋市にある虎屋本店前橋川原店での販売も行います。そうすることで群馬県に来た際のお土産、群馬県からの手土産として利用しやすくなると考えています。また、SNSなどを通して興味を持ってくださった方でも購入出来るように虎屋本店様のオンラインショップでの販売も予定しております。
未登録です
未登録です
虎屋本店 http://www.torayahonten.com/
トレードフェアに出展するための商品の開発
素材の仕入れ
試作品の開発
商品化後の商品の製造
店舗での販売
商品に対するアドバイス

皆さん、こんにちは!
今回は過去の活動報告をさせていただきます。

8月21日に焼きまんじゅうの味噌ダレに合う食材を見つけるため、試作をしました。
彩りを重視し、ドライフルーツを使って行いました。
その結果、ドライフルーツと味噌ダレは合わないということがわかったので、ほかの食材を試してみようということになりました。

今後も試作を重ねより商品化を目指していきます。
応援よろしくお願いします!!!



投稿日:2019-10-22 18:32:10

皆さんこんにちは!
今回は「おむすびのマム」というお店を調査した時のことを紹介したいと思います。

「おむすびのマム」は小麦アレルギーの店長さんが経営しているおむすびやさんで実際に店では小麦を使っていません。
小麦を使っていないクッキーや唐揚げがありアレルギーを持った方も多く訪れます。
醤油も小麦を使用していないものを使用しています。

実際にこのお店を調査してみてアレルギーを持った人はたくさんいることが分かりました。

その中の何名かに少しお話を伺わせていただきましたがやはりアレルギーには相当気を使っていて食生活が制限されてしまっているという方がいらっしゃいました。
その中でも小麦は多くの食材に使われているため大変だというお話をお聞きしました。
小麦アレルギーのお子さんが唐揚げやクッキーを笑顔で食べていたのが印象的でした。

私たちの活動を通してそういった方の生活が少しでも豊かになればと思います。


投稿日:2019-10-21 18:28:54

皆さん、こんにちは!
今回は過去の活動報告をさせていただきます。

8月20日に虎屋本店様に訪問し、試作品を作っていただきました。小麦を使わずに作るのは形状を保つのが難しく、1回目の試作は失敗でした。お話を聞いて、小麦を使わずに作ることの難しさを知りました。

たくさんのアドバイスをいただいたので、新たな商品案を考えようということになりました!



投稿日:2019-10-16 22:13:44

皆さん、こんにちは!
今回は過去の活動報告をさせていただきます。

7月19日に初めて虎屋本店様にお伺いし、小麦アレルギーの方向けの焼きまんじゅうを作りたいということをお話させていただきました。その後、せっかく作るならちゃんとした商品にしよう!と言っていただき、提携させていただくことになりました。

小麦を使わないという難しさはありますが、商品化に向けて頑張ります!!
今後も応援よろしくお願いします!


投稿日:2019-10-11 23:46:44

皆さん、こんにちは!

10月4日に虎屋本店様に伺い、試作品を試食しました。今回は生地だけのものと生地にチーズを入れたものを作っていただきました。
また、パッケージに使用する箱に入れたものを実際に見せて頂きました。
商品化まであと少しのところまで来ているので、完成に向けて頑張ります!!!

引き続き応援よろしくお願いします!



投稿日:2019-10-09 20:55:41

皆さん!こんにちは!

仮想企業の「安口堂」です。
弊社は、群馬県にある共愛学園前橋国際大学の学生5人で活動しています!

弊社は、小麦アレルギーの方にも群馬県の郷土料理を味わってもらうため、商品開発を行っています。
郷土料理のなかでも「焼きまんじゅう」を使い、小麦不使用の焼きまんじゅうを実現します!!

これから随時活動報告を更新していきますので、応援よろしくお願いします(^ ^)


投稿日:2019-10-06 19:41:41

広報サイト

所属団体

学校法人共愛学園 共愛学園前橋国際大学 (複数学年)
ホームページ